スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

犬の叱り方

犬の叱り方に関しては、正しい叱り方というものがあります。
ほめられるのはわかるのに、
叱られるのは正しく叱らないとわかんないの?
答えは「いぇ~す!」です。
だって、犬は楽しい事が大好きで、
いつもいつも楽しい事を探す動物だからです。
ただ単に嫌な事と思われないように、しっかり叱りましょう(^_^;)

犬の正しい叱り方。
まずは、絶対やっちゃいけない叱り方からいきます。

体罰。
これ絶対ダメです。
きちんと理由があります。
母犬は子犬を叱る時に痛い体罰を加えません。
体罰を初めて愛犬に経験させるのが人間のあなただとしたら
愛犬は人間って怖い動物なんだ……
と思ってしまいます。
時間を掛ければ、体罰=叱られること、と認識するかも知れません。
でも、その時には、

人間の手は怖い物

と確実に思いこんでしまっているでしょう。
そうすると、他の人間を威嚇する犬に育ってしまいます。
あなたが手をあげた時に条件反射で噛みついても、犬は悪くありません。
自分の身を守る本能なのですから。
例え、誰も威嚇しない、イイコに育ったとしても
常にあなたの手を脅威と思っている、そんな犬に育てたいですか?


次に、やっちゃいけない叱り方は
時間が経った後に叱る、です。
犬には過去や未来の概念がありません。
常に、今現在の自分の頭の中が快い状態を探しているのです。

目を離した隙に、トイレ以外の場所でおしっこの跡が!
愛犬をその場所に連れて行って、鼻をこすりつけさせながら叱りました。
愛犬はどう思うでしょう?

このおしっこのニオイがいけないの??(違

と、全然的はずれな事を思ってしまいます。
その結果、

おしっこしたのがばれないように隠れてしよう!

と、あなたが教えたい事とは全く違う事を学習してしまいます。


犬には時間の概念がありません。
腹減った~、そろそろ散歩連れてけ~、などの
体内時計というのはありますけど、時間の概念とは違います。
何を叱る時でも、あなたの叱りたい事を正しく認識してもらうなら

叱る時は3秒以内。

タイミングを逃してしまったら潔く諦めましょう(T.T)


犬の叱り方は母犬に学ぶべし!
子犬の頃はほめられるも叱られるのも、実はあまりわかってません(;^_^A
でも、祖先から脈々と次がれる犬式の叱り方は、
本能で理解します。

・叱る時は低い声で
他の犬を威嚇する時にガルルルル……とやりますよね?
母犬も子犬をそうやって叱ります。
是非とも学んでおきたい叱り方です。
イケナイ、ダメ、ノー、など、何でもいいですが
はっきりと低い声で一喝。
普段の声と違いが出れば出る程犬に伝わります。
「グルルル……」と犬の威嚇真似するだけでも、伝わります(^_^;)

以前、宅急便屋さんに荷物を出しに行ったときのことです。
犬連れでも構わないような個人商店なので、
我が家のチワワをキャリーバッグに入れたまま、伝票に記入していました。

すると、ゴルフバッグを預けに来た近所のおっちゃんが
トイプードルを連れてやってきて、
我が家のチワワにトイプーちゃんがワンワン吠えまくりました。
おっちゃんは「ノ~~~」と
思わず外人が両手をあげて首を振るジェスチャーを付け加えたくなるような
しかり方をしました。
もちろんトイプーは黙る訳もなく吠え続けます。

と、我が家のチワワも「グルルルル……」と威嚇し始めました。
すかさず、
「ダメ!!」
と、宅急便屋の兄ちゃんも手が止まるような
地獄の底からひねり出す声で一喝すると、どうでしょう、
2匹とも黙りました。

暫く大人しくしていたので、私は我が家のチワワをほめました。
↑ここポイント!

腹の底から声をひねり出すために、
腹筋と腹式呼吸の練習をオススメします(あながち冗談とは言えないかも?)


・母犬式の罰を学ぶ!
本当にいけない事をした時、我が家のチワワは
首根っこ(首の裏側)を捕まれて軽く振り回されたり
ひっくり返されたり、ガスッっとマズルを捕まれます。
これは、全部、母犬や優位の犬が子犬を叱る時にやる行動です。

ただ、普段からマズルコントロールやホールドスチール(疑似マウンティング)
などでスキンシップを取って、
こちらが優位だと言う事を教えながら慣れさせておかないと
いきなりある日突然そんなことされたら、
ビックリして噛みつくかも知れませんので注意が必要です。


他には、

・犬を擬人化しない
犬にたらたら説教しても、伝わりません。
うちの子は賢いから反省するのよ……というのも間違いです!
あなたが怒った時、こうしたら許して貰えた!というのを記憶していて
難を乗り切るための処世術でしかありません。

我が家のチワワもやります。
叱られる!と思うと首をすくめます。

決して反省してるのではなく、彼女なりの処世術です。
そういった意味では賢いですね、犬って(^_^;)
騙されないようにしましょう。

・無視も罰の内
夜泣きや要求吠えなど、
「寂しがってるのね可哀想に」
なんて、赤ちゃんをあやすように接してしまうと
あなたに声を掛けられた事がご褒美になってしまうので
どんどんエスカレートしてしまいます。
無視も罰の内です。

・叱るよりほめる
ただ叱っただけでは正解を理解してくれません。
かじってはいけない物をかじった時、叱った後は
かじっても良い物をかじらせてほめる!
叱られる事の方が好きなドMな犬はいないので
意識的に正解を導いてほめる方を優先しましょう!
叱り続けるより断然覚えが早いです。

・イライラしない
犬は飼い主さんが大げさに喜ぶのは好きでも、
イライラを募らせて叱られるのは嫌いです。
というか、犬が戸惑います。
悪い事をした事実を叱られているのではなく、
僕の事、私の事嫌いなのかな?と愛犬が思ってしまうかも知れません。
挙動不審だったりイライラしたりするリーダーは頼れますか?
自分の事を嫌いかも知れない人を好きになれるでしょうか?
犬も同じです!


ちなみに、犬には仕返しという概念がありません。
時間の概念がないので
「この前怒られたから、仕返しで大事な物壊しちゃえ!」
という思考は無いのです。
もし、知らない内に大事な物を壊されてしまったら
犬の届くところに置いておいた自分が悪いと諦めて下さい。
犬は本能で快楽を求める動物です。
犬には悪気がないということを覚えておいて下さいね(*^_^*)

カラスにはあるんですよ、仕返しの概念。
カラスにはチンパンジー程の知能があると最近わかったそうです。
軽くトリビアーンでした♪

SEO対策:しつけ


situke.jpg
人気ブログRanking参加中です。
もし、少しでもおやくにたてたなら
↑クリック応援してくれると嬉しいです♪

関連記事
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[犬の習性を利用してしつけ上手に!]犬のほめ方しかり方 | 【2007-08-16(Thu) 00:00:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。