スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

子犬に準備する物 ハウス

今日から家族の一員になる愛犬の居場所を作ってあげましょう。
一言でハウスと言っても、様々なものがあり、それぞれ利点があります。

室内犬には、サークル、ケージ、クレートといった種類があります。

サークルとケージは檻のようなものです。
留守番の多い犬には、こちらの方が良いと思います。
適度なスペースがあるので、留守番のストレスもありません。
この中にベッドやトイレを設置します。

子犬や小型犬に特にお薦めしたいのが、
トイレスペースと寝る場所がセパレートされているタイプのケージ。
子犬のトイレのしつけが楽になります。

クレートはコンテナのような物で
旅行など外出の多い犬にはこちらがオススメです。
移動式ベッド、と言った感じでしょうか。
どこに移動しても、馴染みのハウスですから愛犬も安心出来ます。
バリケンネルという名前で、空輸も対応しています。



愛犬のライフスタイルを考えて用意してあげましょう。

人間には見慣れた家でも、これから来る愛犬にとって家は未知なる草原です。
そういった意味でも愛犬の安全地帯「ハウス」はとても重要です。

成犬になってから家全体がテリトリーになってしまうとしつけが面倒ですので、
ハウスはきちんと用意しましょう。

必ず、入り口にドアがある物がいいです。
ベッドだけ部屋置きしている方もいるようですが、
目の離せない時などにハウスに入れても
犬が自由に出入り出来てしまうと、あとあとしつけが面倒になります。
しつけが楽になって来てからは大丈夫です。

人気の全くない暗い部屋ではなく、リビングなどいつも人のいる場所で
しかも部屋の隅など犬が落ち着ける場所に設置してあげます。
人気はあるけど人目は無い場所が適切です。

愛犬も最初は落ち着かないと思いますが、正しくハウストレーニングしていけば
徐々に一番落ち着ける場所になっていくはずです。

特にクレートトレーニングは無理矢理押し込めたりせず
最初は手前でごはんを、徐々に奥にごはんを移動して慣れさせます。
肌触りの良いタオルなどを敷いてあげるだけでクレート好きになる犬も。

閉じこめられている感じを出さないために
ハウスで食事を与えてハウス好きな犬にしてあげて下さい。
決してお仕置き部屋にはしないように(^_^;)
この、 ケージ+ベッド、 ケージ+クレート、サークル+ベッド、サークル+クレートがハウスになります。
SEO対策:
SEO対策:しつけ


situke.jpg
人気ブログRanking参加中です。
↑クリック応援してくれるとやる気が出ます♪


関連記事
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[子犬の育て方]準備する物 | 【2007-08-09(Thu) 00:00:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。