スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

犬語を失った犬 犬のカーミングシグナル

犬が犬の言葉を失ってしまったらどうなるとおもいますか?
吠える事だけに飼い主さんが反応していたら、
犬はますます吠える犬になってしまいます。
何故なら、他の言葉は全部無視だけど、
吠える事だけに反応してくれたら、
それ以外の言葉は使わなくなって忘れていき、
吠える事のみで会話しようとするからです。

こんな事も、犬の吠え癖の根元、無駄吠え防止に繋がるかも知れません。

もう廃盤になってしまって入手出来ませんが、
徹底解明 CALMING SIGNAL
(平沢正博/著 A.D.SUMMER'S/刊 海苑社)
という本があって、
犬のカーミングシグナルについて書かれています。

カーミングシグナルを発見して体系化したのは、
ノルウェーのドッグ・トレーナー、トゥーリッド・ルーガスという人で、
カーミングシグナルは、犬同士の間で交わされるボディランゲージです。

主に相手を鎮めたり自分を落ち着かせるために使われる犬の動作です。
27種類のカーミングシグナルがあると言われています。

元々犬は争いを好まない動物なので、
犬同士の無駄な争いを避けるために
カーミングシグナルでそういった信号を送るんですね。

「おいおい、落ち着けよ」
「あたしゃケンカはごめんでね」

といった感じでしょうか?

また、人間は自分を落ち着けるために、深呼吸したり、
人人人と手のひらになぞって飲みますが
犬のカーミングシグナルも同じ感じですね。

愛犬のシグナルをこちらが理解してあげれば、
しつけの対処法も応じて変えてあげられるので、知っていると便利です(*^_^*)

例えば、我が家のチワワは内気な性格です。
自分より小さい年下の犬には積極的ですが、同い年かそれ以上、
もしくは体の大きな犬には圧倒されてしまうようです。

犬が来ました。
我が家のチワワは止まってお座りします。

これを、
「何で歩かないの?ほら、ご挨拶しなさい!」
と無理矢理近づけたり
「行くわよ!」
と引っ張ったりしちゃいけないってことなんです。

我が家のチワワは
「あ、あ、あたちはぜんぜんけんかとか、そんなつもりないんで……」
と相手の犬にカーミングシグナルを発してるんです。
その犬同士の会話をカットアウトしては、いけないんですね。

カーミングシグナルを根絶してしまうと、
吠えて威嚇する事しか出来なくなってしまう可能性があります。

また、犬は人間相手にもカーミングシグナルを沢山発しています。

知らない人が来ました。
うわ~!かわいいー!と言ってズカズカ勢いよく歩いて来て、
愛犬に触れようとします。
愛犬は背中を向けて座ってしまいました。

これを、人間に慣れさせようとして
無理矢理その人に抱っこさせたりしたらいけないんです。

愛犬は
「うっとうしい人来よったわ~、ちと、落ち着いてくれへんか~?」
と言ってるわけなんです。

これも、カーミングシグナルを無視し続けて、
吠えて抵抗した時にうっとうしい人が逃げてくれたりしたら
もう、しめたもんです。

というわけで、愛犬との共通言語を増やすためにも、
知っておきたいカーミングシグナル、次回からお話ししていきます(*^_^*)
こちらも犬語を理解して、犬にも言葉を理解してもらえたら、会話が出来ます。
会話が出来るようになれば、しつけも本当に手間が無くなります。
愛犬とあなたの間にしかできない会話、素敵ですね♪

ame2.jpg




ふぅぅ

ame.jpg




たいふうきてて
おそとであそべないです

SEO対策:しつけ


situke.jpg
人気ブログRanking参加中です。
↑クリック応援してくれるとやる気が出ます♪

関連記事
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[犬の習性を利用してしつけ上手に!]犬のカーミングシグナル | 【2007-07-15(Sun) 00:00:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。