スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

子犬とのスキンシップがしつけを左右する!

小さくて可愛い子犬は壊れ物を扱うようにしてしまいがちですが、
この時期に沢山触れておくと、後で犬のしつけが楽になります。
今回は子犬の触り方のお話です

今まで犬のお母さんにしか撫でてもらった経験がない子犬

「人間の手は優しくて気持ちいい!」

ということを、まずは子犬に教えてあげましょう


子犬が触って平気な部分

耳、マズル(口元)シッポ、手足を除いた部分

を毛並みに沿って優しく撫でてあげます。

耳の後ろや首筋などは、母犬が子犬を可愛がる時に触れる部分ですので
そのあたりを含めて優しく声を掛けながら撫でてあげましょう

子犬が慣れてきたら、さりげなく嫌がる部分にも触れていくようにします
徐々に子犬の嫌がる部分に長く触れられるように慣らしていきます
肉球は敏感な部分ですので、大いに触って慣れさせましょう

シッポは慣れてきたら、たまにぎゅっとつかんだりしてみます
「何すんの?やめてよ」
というそぶりを見せても知らん顔で色んな所を撫でます

嫌がる部分を触ろうとした時に噛みつこうとするそぶりを見せる事があります
その時は「あ!」と注意を促して、子犬が「はっ!」として止めたら
また触り、大人しくしていられたら誉めてあげます

こうして子犬に体の隅々まで触られる事を慣れさせておくと
爪切りや耳掃除、歯磨きなどが楽になりますし
病院に行った時もお医者さんに触られても大人しくしていられる犬になります

毎日のブラッシングも子犬との大事なスキンシップの時間ですので
欠かさず行うようにしましょう

子犬の歯磨きは、スキンシップも兼ねて歯ブラシを使わずに
ガーゼを指に巻いてゴシゴシこすってあげるといいです
子犬が口の中に手を入れられる事に抵抗をなくすためにもなります
甘噛みしてきたら指は子犬の口に突っ込んだまま
「痛い!」とか「あ!」といって一旦動きを止めて
シーンとしたヤバそうな雰囲気を出します(^_^;)
噛むのをやめたら褒めて、歯磨き再開です

噛んだら人間の手は引っ込むと子犬に教えないためのしつけにもなります
SEO対策:しつけ


situke.jpg
人気ブログRanking参加中です。
↑クリック応援してくれるとやる気が出ます♪

関連記事
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[子犬の育て方]子犬のしつけ方 | 【2007-08-31(Fri) 10:43:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。