スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

夏の犬の留守番対策

夏の犬のお留守番で一番心配なのは、暑さからくる熱中症です。
犬は暑さに弱いので夏は、
目の届かない留守番中は特に気を付けてあげなければいけません。
熱中症とは、暑さによって引き起こされる体調不良で、夏バテの深刻なものです。
日射病とはちょっと違います。
日が当たって無くても熱中症になります。

愛犬が舌を出してハァハァしながらぐったりしてたら危険です!
体温が上昇しすぎると最悪の場合死に至る可能性もあります。

パチンコに夢中になった親が、
車の中に子供を置き去りにして死に至らしめたのも、熱中症が原因です。
熱中症の予防は、涼しい環境作りと、
何よりも脱水症状を起こさない水分補給が重要です。

愛犬のための夏のお留守番対策を紹介しますね。

犬はむし暑いところでの体温調節があまり得意ではありません。
全身は皮毛で覆われていて、汗をかきません。
舌を出す事と肉球でしか、体内の熱を外に逃がせないのです。
なので、夏は気を付けて愛犬のために熱中症対策を取ってあげましょう!

夏の犬のお留守番対策として重要なのは温度調節・湿度調節水分補給です。
最近の研究結果で気温22℃、湿度60%を超えると
犬は熱中症になる可能性が高くなると言われているそうですが、
これはどういう意味か?
梅雨から熱中症に気を配る必要がある。
気温が30℃以上まで上がり、更に湿度が高い夏の犬の留守番は特に注意!
ということですね。
ちなみに、犬が快適に過ごせるのは室温25℃前後、湿度50%前後だそうです。
帰ってきたら愛犬が熱中症でぐったり!
なんてことにならにように
お留守番対策を紹介します。


日当たりの良い部屋だとエアコンは必至と言いたい所ですが、
エコを考えるとそうもいきませんね。
エアコンはクーラーで温度を下げるのではなくドライで湿度を適度にしましょう。
遮光カーテンなどで日中の日差しを避け、
ハウスのある室内がサウナにならないよう工夫を。
夏の日差しは強く、
例え愛犬のハウス自体は直射日光に当たらない場所にあっても、
部屋の温度と湿度は上昇してしまい危険です。
ハウスのある位置も室温計や湿度計などで正確に計れると良いですが、
エアコンのリモコンでおおよその気温と湿度を計るのも手です。

出来れば窓は愛犬が逃げ出さない程度で、
換気が出来るぐらいの幅を空けておく。

夜まで外出する時は予め電気を付けておいてあげると愛犬も安心です。

水はたっぷり用意しておいてあげます。
愛犬が暑いと感じたら、冷たい水で体温を下げられるように、
大きな氷を水皿に入れておいてあげるのもいいです。

愛犬が避暑出来るクールボードのようなもの、
大きめのアイスノンをタオルで包むなど
冷たい場所を用意しておいてあげましょう。

日当たりの全く無い部屋であっても
体感的に涼しいからと言って気を抜くのは危険です。

クールボードは最近は可愛いデザインのものもありますので、
お好みで探してみては?
性能はアルミ板なので大差ありませんが、絶対に日の当たらない所に置いて下さいね。
熱伝導率を利用しているのでヒンヤリしません!
最近はジェルマットやひんやり素材のマットも。


犬の夏の留守番に大事なのは
気温・湿度が上昇しないよう気をつける
水を切らさない
換気
避暑地の確保











クールボードオリジナルicon
icon
夏のお留守番対策に!「クールプレート」icon

クールアルミジェルマット

ひんやり温度「25℃」をキープ!クールピタクロス
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[季節ごとの色々]夏の留守番対策 | 【2007-06-30(Sat) 07:29:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。