スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

犬の行動心理学 犬は日々考える

犬はみんな、ある行動を起こした時に

結果が快だったか不快だったか

によって 色んな事を学習していきます。
極小チワワからゴールデンレトリーバーまで、例外はありません。
この方式を覚えておけば、しつけの対策が少し見えてきます

1. すわれの命令を聞いた
    ↓  
  おやつをもらえた(快)
    ↓  
  次もすわれって言われたらこうしよう!


2. 遊んで欲しいから吠えてみた
    ↓  
  あなたが遊んでくれた(快)
    ↓  
  次も遊んで欲しい時は吠えればいいんだ!


という具合です。

1はどんどん実践して欲しいですが、2は困ったものです。
でも、こうして繰り返し学習していくという犬の習性さえ理解していれば、
以外と犬のしつけは簡単なんですよ(*^_^*)

2をどうやって改善していくかというと、


遊んで欲しいから吠えてみた
    ↓
無視された(要求満たされず不快)
    ↓
無駄だからやめよう…


になる訳です。 更に


大人しくフセしていた
    ↓
あなたが遊んでくれた(快)
    ↓
遊んで欲しい時はフセして待ってればいいんだ!


とすれば、おりこう犬になれますね。
ちなみにうちのチワワは、私がトイレから帰ってくると
必ずリビングの入り口でフセして待っています。
特に意味はないし、しつけてないのですが、
帰ってきた時フセて待っていたら声を掛けてくれた、という
偶然のご褒美の積み重ねの結果、
チワワなりに考えて、勝手にお勉強したようです(^_^;)

拾い食いやイタズラなどの困ったクセも、
実は私たちが知らず知らず犬に快を与えている可能性があります。
犬は日々考える2へ

SEO対策:しつけ


situke.jpg
人気ブログRanking参加中です。
↑クリック応援してくれるとやる気が出ます♪



犬用しつけ用品がいっぱい!ケンコーコム
関連記事
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[犬の習性を利用してしつけ上手に!]犬の学習の仕方 | 【2007-06-18(Mon) 16:15:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。