スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こっちもポチっとお願いします♪>>
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ドッグフードの選び方①種類

普段あげているドッグフード
愛犬に毎日あげるものだからなるべく体にいいものを選んであげたい。
でも、沢山ありすぎて何をあげればいいんだろう?
そんなお悩みのために犬の健康に沿ったドッグフードの選び方のお話。


まずはドッグフードの種類から。

ウエットフード

ウェットフードは、水分含有量75%位のドッグフード
缶、アルミトレーやレトルトパウチなど。
開封後は生ものと同じになるので、残ったら別の容器に移しかえ、
冷蔵庫で保管して早めに使い切らなければならない。
ウェットフードは嗜好性が高く、ドライフードに切り替えにくくなる可能性がある。
ドッグフードの中では単価が高い。
柔らかいフードなので歯垢が溜まりやすく、歯磨きを念入りにする必要が。

セミモイストフード

セミモイストフードは、水分含有量25~35%位のドッグフード
いわゆる半生タイプのやわらかめのドッグフード
ドライフードよりも水分含有量が高いので品質保持の為に
合成保存料や危険な薬剤が混じっている可能性が。

ドライフード

ドライフードは粒状で乾燥しているドッグフード
水分が10%以下のものが多く、開封後の常温保存に強い。
栄養価も考慮されていて、獣医さんにもドライフードだけで十分と言われるが、
ごはんを食べない犬(食欲が無い、味に飽きる)には、
フードを切り替えたり、他の物を混ぜたりする工夫が必要になってくることも。


手作りのドッグフード

飼い主が素材から選べるので一番安全なドッグフードといえるが、
犬が一日に必要な全ての栄養素をバランス良く摂取できるように調理する手間隙がかかり
犬に必要な栄養素の知識を飼い主が持たねばならない。
人間用の調理では塩分や油分の過剰摂取につながり、
犬が食べられないものは避けなければならない。

有名なのはネギ類ですね。
エキスだけでも赤血球を破壊して貧血を起こします。


さて、では何を選べばいいのか?

因に我が家のチワワは、食欲が旺盛な方ではありません。
「安全そう」で犬の食いつきの良いドライフードを選び、
食欲の無い時は馬肉パラパラミンチiconやいつもご褒美に使っているおやつを
少量細切りにして混ぜたりと、工夫しながらドライフードを与えています。

「安全そう」
このお話を次回はしようと思います。
関連記事
スポンサーサイト


ペットファースト|どこでもクール(犬猫用)ペットのひんやりマット


こっちもポチっとお願いします♪>>
[犬に長生きしてもらおう]ドッグフードの選び方 | 【2012-07-14(Sat) 20:02:19】 | Trackback:(1) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/11/13 20:27 | まっとめBLOG速報 | まとめ【ドッグフードの選び方】 普段あげているドッグフード。 愛犬に毎日あげるものだからなるべく体にいいものを選んであげたい。 でも


Copyright © よくわかる!犬のきもちdeしつけ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。